HOME>特集>デジタル技術を利用したまったく新しいタイプの広告媒体とそのメリット

目次

デジタル技術を利用した新たな広告媒体

商業施設や店舗など、私たちの身のまわりのさまざまな場面で使われているデジタルサイネージ。日本語に言い換えれば電子看板という意味ですが、特に最近では目にする機会が増えてきました。デジタルサイネージはポスターや掲示板といった従来型のアナログの手法とは異なり、デジタル技術を応用した新たなタイプの広告媒体です。その仕組みは、制作した画像や映像などのコンテンツを再生することによってディスプレイ上に表示します。再生装置にはディスプレイ一体型と外付けの両方があり、また近年ではインターネットを利用したより新しいネットワーク配信型のシステムも広がりを見せています。

広告に生かせるさまざまなメリット

デジタルサイネージには数多くのメリットがあります。まず従来型のポスターや掲示板とは異なり、静止画だけでなく動画を表示することができます。しかも必要に応じて瞬時に表示内容を切り替えることができるため、場面や時間に応じた多彩な広告展開が可能になります。またネットワーク配信型では複数のディスプレイを一括して管理することができますし、タッチパネルを導入すれば個別の利用者に対応することもできます。

技術進歩と低価格化でより使いやすく

数多くのメリットがあるデジタルサイネージですが、最近特に利用が広がっているのには別の理由もあります。それは技術進歩によるシステムの向上とともに進む費用の低価格化です。一昔前と比較すると導入のためのハードルは大きく下がり、さまざまな場面でデジタルサイネージを利用することができるようになりました。この傾向はこれからも続いていくことになりそうです。

広告募集中